金子エンタ!

ブログ

2016.10.24 Monday


深セン近郊の会社訪問


深セン4日目は高須さんコーディネートによる会社訪問でした。

請負でものづくりをしている工場系で尖ったコンセプトの会社を2社訪問してきましたので、ご紹介します。

seeedさん オフィスと工場訪問HPはこちら

小ロッドで製造を請け負ってくれる会社です。なんと50個からお願いできるみたいです。
以前、IoT製品の企画をやった事があるのですが、企画と設計の後、テストマーケで最低ロッド5000個なんてことになり、断念した経験があり。 50個ならやれたかもという思いもあり、テストマーケやスタートアップにはもってこいの会社だと思います。

「seeed」遊び心満載のオフィス

「seeed」遊び心満載のオフィス

「seeed」工場内、組み立てラインは整然と規律正しくという感じ

「seeed」工場内

もう1社はJENESIさん 日本の経営(藤岡社長)で、面白い話をいっぱい聞けました。

深センにありながら、日本からの受注が90%だそうで、一般的には縮小といわれる日本市場ですが、昨今のIoTブームと日本クオリティー・安心という強みで受注は好調とのことでした。
ただ、ここの至るまでに大変な苦労をされたとの事で。藤岡社長の勇気と行動力にリスペクトでした。
初期費用(一例)日本の26分の1ってすごい

JENESISさんオフィス受付です。

JENESISさんオフィス

これエージングテストというらしいです。
できた製品を温めて、問題ないか?の試験です。

エージングテスト

JENESISさんプロダクトの製造費用(一例)日本の26分の1

JENESISさんプロダクトの製造費
ものづくりを支えるアクセラレーターHAX
HPはこちら

ものづくりを支えるアクセラレーターの存在
プロダクトのアイデアに対して資金を提供する。
さらに開発できる環境(執務できるスペースなど)と成功までのノウハウを提供し、成功すればベネフィットを得るというモデルです。
過去にここのプログラムを経て、成功したスタートアップも含め、参加者の間でネットワークが形成されており、起業の成功に向けた環境が整っていると感じました。

一方、このモデルで課題に感じたこと2点
1つは、ハードの開発なので、ソフトウェアーみたいに大きく稼ぐモデルが生まれるか?
もう一つは、スタートアップ成功後、継続的に稼げるか?ですかね。

いずれにしても、スタートアップ企業の真剣さというか、熱量を間近で感じることができました。

スタートアップ企業によるプレゼンテーション
家庭用の水の圧力で硬い物を切るカッターやなんでもつなげるIOTの基盤などのプレゼがありました。

Haxプレゼンテーション

Makeblockさんは上に書いたHAX出身でスタートアップに成功した企業です。
電子工作の部品が無数にあり、組み合わせも無限ですね。
センサー系の電子部品と組み合わせれば、アイデア次第でいろんな事ができそうです。
身近なところで、犬の餌をやるロボット作ってみようかなと思います。
子供のおもちゃという印象ですが、実は大人たちがハマるそうです。

Makeblock オフィス見学(受付け)

Makeblock オフィス見学(受付け)

Makeblock パーツの組み合わせで動くミニカー


パーツの組み合わせで動くミニカー

Makeblock 無数のパーツたちMakeblock 無数のパーツたち

Makeblock 無数のパーツたち

 Makeblock 無数のパーツたち

NXROBOさん オフィス訪問

こちらの会社は家庭用の癒しロボのメーカーです。「Big-I」くんというロボがもうすぐ発売予定だそうです。
中国語・英語OKのロボットで、聞く・話す・目で追う・ニュースを読むとか、セキュリティーシステムを立ち上げるとかの機能付きで、10万〜15万円程度の価格らしいです。
訪問時はまだ未完のようで、デモもつたない様子でしたが、発売後に上記の機能が問題なければ、本気で1台買おうかなと思ってます。
なにより、この会社の印象は従業員のみなさんが、このロボを本気で愛してる!!って感じでした。いい製品ができそうな予感です。

NXROBOさん受付です。

NXROBO オフィス受付

癒し系ロボットBig-I
柔らかい素材でぶつかっても安全

癒し系ロボットBig-I


まとめです。
深センという特区、ものづくりに情熱を燃やす人がいて、お金を出す人がいて、小ロッド・低コストで物を作れる工場があって
イノベーションが必然と生まれる環境が整っている特区という印象でした。
そんな環境がまた、人とお金を呼びこみ好循環で成長していく。この街は1年後はどうなんってんだろう?
何が生まれるんだろう?
そんな事を考えさせられる貴重な体験でした。



最近の投稿
Copyright © 2005 KanecoEnta. All Rights Reserved.